ZBrush逆引き辞典 ポリペイントのみを投影(ProjectAll)する

メッシュ形状はそのままに、ポリペイントの情報だけを投影(ProjectAll)する方法を解説します。図1のようなサブツールを用意して、これを別の球体(サブツール)に投影したいと思います。

図 1:投影元のサブツール。白い球の前に赤い星を配置

図2は、投影先のサブツールです。詳細にポリペイントを投影できるように、ダイナメッシュもしくはディバイドで細分化しておきます。

図 2:投影先の球体。ダイナメッシュでメッシュを細かくしておいた

投影先のサブツールをツール >> モーフターゲット >> MT格納で、現在のメッシュ形状に後で戻せるように退避しておきます。(図3)

図 3:メッシュ形状を退避する

そして、ツール >> サブツール >> 投影 >> 全て投影(ProjectAll)で投影を行います。(図4) 投影の設定パラメータは図4のようにしましたが、投影先の球の大きさにもよりますので、適当に合わせて下さい。おじさんの場合は簡略的に、投影シェルのスライダを右へズィーと移動して、距離を1に設定してやってます。

図 4:投影の設定

投影が終わると、投影先のサブツールは図5のようになります。当たり前ですが、赤い星の部分が突き出てます。

図 5:投影先の球を横から見たところ

そこで、ツール >> モーフターゲット >> 切り替えで、先に退避しておいたメッシュ形状に戻します。(図6)

図 6:モーフターゲット >> 切り替えで元に戻す

元のメッシュ形状に戻すと、ポリペイントだけがきれいに投影された状態になります。(図7)

図 7:ポリペイントだけが投影された

実例

ハイポリゴンの眼球モデルです。(図8) 目の構造に沿って虹彩などスカルプトしていて、中は空洞になってます。

図 8:ハイポリバージョンの眼球

ゲームエンジン用にローポリ化した眼球モデル(球体)に、ポリペイントのみ投影(ProjectAll)しました。(図9)

図 9:ローポリといっても、実はまだまだ贅沢にポリゴン使ってたりして

1 個のコメント

  • こ、これは!……使い所が非常に難しい。というのも、ポリペイントへの転写は枯れた技術としてPhotoshopやCLIP STUDIO PAINTなどのペイント系ソフトで事前に作った画像をスポットライトでポリペイントとしてメッシュ上に転写できるからです。

    ですが、こういう「技術的に可能だ」という紹介記事は非常に価値があります、間違いない。

    クリエーターとして使い勝手がいいかと言われると、正直微妙ですね、ネタ扱い(笑)
    決して執筆記事が悪いとか嘲笑しているとかそういうわけじゃありません。誤解されると困るのですが。ですが、う~ん、使い所が非常に限られるなぁこの技は、という印象がぬぐえません。

    とはいえ、面白い記事です。考えたこともなかった。これまでも&これからも投稿を楽しみにしています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください