Blender 2.80 リリースプランが更新されました

先日、Blender Developers Blogにて、Blender 2.80のリリースプランがアップデートされました。

発表によると、5月中旬までに残りの機能を完成させ、6月にユーザーマニュアルの更新、優先度の高いバグの修正などを行い、7月に正式版をリリースしたいとのこと。2.80以降、つまり2.81は固定スケジュールに従い、2.80の3ヶ月後にリリースするとのことです。ちらっと書かれていましたが、2.81ではUDIMが利用できるようになるかも…。期待したいですなぁ。

思っていたより正式版のリリースが遅れてますが、おじさんの環境ではベータ版でも十分使えてます。(Windows環境) 5月中旬までは、UIの調整が続くようです。とは言え、それほど大きな変更は無い気はします。2.79を使い倒してる方たちは、そろそろ2.80 Beta使っちゃっても良いんじゃないでしょうか?(無責任) 2.8シリーズは期待している機能がまだまだ沢山あるので、どんどん開発が進んでくれると嬉しいなと思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください