製作記 ドール風の女の子

ドール風の女の子を制作中です。髪の毛、眼球、服、ブーツなど、個人的な課題に取り組んでいます。

図 1:ドール風女の子

図 2:後ろから

髪の毛は、CurveTube系ブラシではじめて作りましたが、満足度は50%ぐらい。生え際が難しいですな。できれば、もう一度作り直したい。ブーツは靴紐が面倒でしたが、ここは魂込めないといけないところだと自分に言い聞かせてがんばりました。紐はすべてZModelerで作ってます。もう、ZModelerが無いと、やってられんです。つなぐところを何度も間違えて、やり直しも多かったパートです。

図 3:靴紐では頭がこんがらがった(笑)

図 4:完成したブーツ

現在、全行程の70%ぐらいです。スカルプトはだいたい終わって、後はリメッシュして、ポリペイントして、UV展開して、Blenderに持っていって、リグ入れて…、と先はまだ長いですな。リグと言えば、はじめてZSphereリグを使ってポージングしてみました。(図5、6) 使い方がまだ良くわかってないので、ハイポリバージョンのモデルを強引に動かしてます。おじさんのパソコンだと、各関節を動かすのにそうとう忍耐が必要になります。これが本当の関節痛ですな。

図 5:ZSphereリグでポージングのテスト

図 6:横から

実は上図5、6は、アダプティブスキンによってダイナメッシュされてしまい、且つその影響で、目に施したポリペイントも無くなってます。こりゃ使えんわと思ったのですが、後で、アダプティブスキン >> ダイナメッシュ解像度を0に設定すればいいんじゃないかという事に気が付いて、やってみたら本当にうまくいきました。ポリペイントも残ってくれました。(図7、8)

図 7:アダプティブスキン >> ダイナメッシュ解像度を0に設定

図 8:ダイナメッシュされず、目のポリペイントも残る

ポリペイントの確認には、アダプティブスキンの設定を変えるたびに、サブツールのポリペイントボタンをONにし直さなければいけないので注意して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください