製作記 ぼくのまち version 0.2

Blenderアドオンが作りたくて、PythonとBlender APIの勉強を始めていたはずが、アドオン開発そっちのけで、スクリプトを使って街づくりを楽しんでいます。(図1、2)

図 1:Pythonスクリプトで街づくり

図 2:上から

ビルの配置をガウス分布させると、図3のようになりました。ちょっと行き過ぎて、都市っぽくなってしまいました。中央部がビルで密集してしまったので、必然的に緑が郊外へ押しやられてしまう結果にリアルさを感じてみたり。(無理やり)

図 3:ビルをガウス分布させた

プロシージャルに作られているので、スクリプトを実行する度に、違う街が作られます。(図4) 見ていて飽きないんですよねえ。

図 4:違う街

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください