Blender 2.8 Visual Studio CodeでPythonスクリプトをコーディングする設定

Blender 2.8でPythonスクリプトをコーディングする時、内臓のテキストエディターを使用することもできますが、直接、日本語の入力ができないなど、何かと不便でしたので、Visual Studio Code(VSCode)を使用するようにしました。今回はそのVSCodeの設定を解説したいと思います。設定の内容は、ほぼ以下の記事を元にしています。

尚、前提としまして、以下のものがシステムに既に構築(インストール)されているものとします。どちらも、無料でダウンロード&インストールすることが可能です。

因みにおじさんの場合は、Pythonのインストールに、Anacondaというディストリビューションを使用しました。

Python extension for Visual Studio Codeのインストール

VSCodeを起動して、Extensionパネルを開きます。そして検索窓に”python”と入力し、リストの中からPython extension for Visual Studio Codeを選択し、インストールを行います。(図1) インストールが終了したら、念のためにVSCodeを再起動しておきます。

図 1:Python extensionのインストール

PythonスクリプトをコーディングするためのVisual Studio Codeの設定

F1キーを押して、VSCodeのコマンドパネルを表示し、コマンドリストの中からPython: インタープリターを選択を実行します。(図2)

図 2:Pythonインタープリターの選択

Blender 2.8内蔵のPythonとのバージョンを合わせるため、システムにインストール済みのPythonの中から、バージョン 3.7.0以上のものを選択します。(図3)

図 3:Blender 2.8内蔵のPythonとのバージョンを合わせる

次にlinter(リンター)の設定を行います。linterとは入力コードを解析して、タイポやコード規約などに違反しているところを警告してくれるものです。大変役に立つものですが、少々、煩いこともあるのは事実です。再度、F1キーを押して、コマンドパネルを表示し、Python: Select Linterを実行します。(図4)

図 4:linterの選択

linterのリストがずらっと出るので、その中のpep8を選択します。(図5) linterは何かファイルをセーブするとアクティブになるので、適当なファイルを作って保存して下さい。また、pep8のインストールを行うとのポップアップが出ましたら、そのままインストールを実行して下さい。

図 5:pep8を選択する

さて、ここでVSCodeの設定ファイルを一度見てみます。VSCodeの設定にはユーザー設定とワークスペース設定の2種類があります。どちらも同じ内容の設定を行う事ができますが、ユーザー設定はグローバルな設定で、ワークスペース設定はフォルダやプロジェクト単位での設定として扱われます。適時、使い分ける必要があります。今回は全てユーザー設定に保存する方向で解説を行いたいと思います。ギアボタンをクリックしてポップアップされるメニューの中からSettingsを選択して下さい。Settingsがエディター上に表示されると思いますので、User Settingsが選択されているのを確認して、”{ }”のような形のボタン(JSON形式で表示)をクリックします。(図6)

図 6:ユーザー設定の表示

おじさんの環境では、およそ以下のように表示されました。先程選択したPythonインタープリターや、linterの設定が保存されていればOKです。Pythonへのパスは、各自の環境で違います。

Pythonの場合、インデントのTABはスペース4文字で扱うのが良いらしいので、その辺りの設定を追加したのが次のリストです。

Blender 2.8 APIのオートコンプリートを有効にする

nutti氏のfake-bpy-moduleを使用します。githubからZIPでダウンロードをし、展開した中に以下のようなフェイク用APIモジュールディレクトリがあります。

fake-bpy-module/premade_modules/2.80/e5e885d0ecb9430a73e0a904cdb6035a2ef77e98

※2.80〜以下のフォルダ名はダウンロードしたタイミングによっては変わっている可能性がありますので注意して下さい。

このフェイク用のAPIをVSCodeに認識させるには、以下を設定を追記します。フェイクAPIモジュールへのパスは各自の環境に合わせて記述して下さい。

最後にユーザー設定ファイルを保存して、これにて設定は完了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください