ZBrush逆引き辞典 ストラップをつくる

IMMブラシをカーブを描くようにストロークして、ストラップ状のものを作成する解説です。

ストラップのパーツを作る

  1. ストラップのピースとなるモデルを作ります。このパーツが蛇のように連なってストラップになります。
  2. ブラシ >> 作成 >> インサートメッシュの作成で、新規にIMMブラシを作ります。作成時はパーツを正面に向けておくようにして下さい。また、実際にストロークで生成される方向に注意しておいて下さい。上から下になります。(図1)

    図 1:カーブをストロークする方向を考えてパーツを作る

  3. ストローク >> カーブ >> カーブモードをONにします。
  4. ブラシ >> モディファイアでセッティングをします。詳しくは後述します。

まずはストロークしてストラップを描いてみる

カーブモードをONにしたIMMブラシの準備ができたら、ストロークを描く土台となるサブツールを用意します。何もない空間にカーブを描くことはできません。図2では、球体の上にカーブを描きました。カーブに沿ってストラップ状のものが描かれています。直前でストロークしたもの以外は全てマスクされます。ツール >> サブツール >> 分割 >> 非マスク箇所を分割で、サブツールを分けておくことができます。

図 2:直前でストロークしたもの以外はマスクされる

モディファイアの設定

カーブモードをONにしたIMMブラシのモディファイア設定を解説します。

図 3:ブラシ >> モディファイアのメニュー

トライパーツ

始点、中間部分、終点の3つのパーツをカーブで描けるようにします。各部分を1つのサブツールで作成し、別々のポリグループにしておく必要があります。(図4)

図 4:3つのポリグループに分けたパーツ。斜めから見たところ

図5は、実際に実際に左から右へストロークしてカーブを描いたところです。始点、中間部分、終点で違う形になっているのが分かるかと思います。

図 5:実際にカーブを描いたところ

頂点結合

パーツ同士が接する頂点を結合します。

伸縮

パーツを伸縮させ、カーブステップにフィットするようにします。

重なり具合

伸縮をONにすると設定できるようになります。隣り合うパーツ同士の重なる率です。0.5で50%の重なりになります。

カーブ解像度

カーブステップにフィットさせることができます。値が低いと、カーブした所で隙間ができます。伸縮スイッチをOFFにしても、このカーブ解像度のパラメータだけでも、カーブステップにフィットさせることができます。伸縮機能との違いがわかりませんでした。

カーブ最大角度

伸縮で無理なく曲げることができる最大角度です。

ストロークの機能

  • ストローク中にSHIFTキーを押して、オブジェクトの外の何もない所までカーソルを出すと、カーブがリング状なります。そのままストロークを完了すると、リング状にストラップが作成されます。(図6、7)

    図 6:ストローク途中でSHIFTキーを押し、球体の外までストロークする

    図 7:リング状に巻き付けたところ

  • ストロークを終わらせた後、カーブラインの始点、終点、中間点をマウスカーソルでドラッグして移動させることができます。
  • ストローク >> 始点ロックで始点を、終点ロックで終点を固定することができます。しかし、ロックしたとしても、始点、終点を直接ドラッグして移動することは可能です。
  • 始点と終点にマウスカーソルを近づけると、赤いラインが出て、そこから延長してカーブを引くことができます。(図8、9)

    図 8:赤いラインがカーソルへ伸びる

    図 9;カーブを延長した

作例

ストラップの作例です。(図10) たすき掛けにしているストラップと、海水パンツの紐を作成しました。ストラップが空中に浮いている部分は、Moveブラシで部分的に引っ張ったりしています。

図 10:ストラップの作例

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください