え〜っ!Substance PainterがAdobeプロダクトになっちゃった!

先日、Substance PainterやSubstance Designerを開発するAllegorithmic社がAdobeに買収され、今後、Substance PainterなどがAdobe製品になってしまいました。

ユーザーライセンスに関しては、当面、現状のまま引き継がれるようですが、後日、新しいライセンス形態の発表があるようです。Adobe CCのラインナップに入るのであれば、企業の人にとってみれば、大変ありがたい話しだと思いますが、趣味で3DCGをやっている人にとっては敷居が高くなってしまった印象がありますね。Adobe CCは値上げを発表したばかりですし。

Substance Painter

おじさんもそろそろ、Substance Painterをやろうかな、と思っていた矢先だったのでびっくりでした。新しいライセンス形態や、同製品の今後の開発プランの事などが心配です。ユーザーにとって良いことだったのか、そうでなかったかは今後数年で分かってくるでしょうが、未来にはまったく別のプロダクトが台頭している可能性だってあります。必ずしも大会社(Adobe)に入るのが勝ち組とは思わないですが、もう決まった事ですし、今後、さらなる進化をしてくれることを期待します。また、これを機に、BlenderにSubstance Painterのような機能を持った有償アドオンを誰か作ってくれないかなぁと、密かに期待しているおじさんなのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください