製作記 茶色い髪の女の子彫像

スカルプトの習作です。いつものカタツムリ君は体型がシンプルすぎるので、もうちょっと複雑なものにトライしました。

製作記 カタツムリ水泳スタイル

2018年12月18日

図 1:女の子の彫像

図 2:ポリグループ

鼻筋は、意識的に長めのバランスにしています。ディズニー・アニメが好きなので、目玉は大っきく。ライティングを調整してレンダリングしたものが図3です。

図 3:茶色い髪の女の子

色替えバージョン。(図4) 少し目にうるうる感を足してみました。色塗りは愛情が大事なんですなぁ。やっているうちにどんどん愛着が湧いてきました。

図 4:青い髪とグリーンの目

ちなみに図5は、ひとつ前に作った女の子ですが、顔が怖いですね。少しは上達していると思って良いのでしょうか?

図 5:以前に作った女の子ヘッド。今見ると怖い

3 件のコメント

  • 確かにディズニーっぽいですね。海外の作風っぽい。海外の人は鼻や口をきっちり作るんですよね。対して日本は鼻は小さく、唇も小さくというデフォルメの特徴があります。
    次は全身像ですね!とか言ってハードルを上げてみる。バストショットで作り込むとそこから先が大変という罠。

    • 見てくださってありがとうございます!
      そうなんですよね。日本人は自分たちの鼻にコンプレックスを持っているのかも。「鼻 = かっこ悪い」と思ってて、それで鼻をことさら小さく描いて可愛く見せているのでは?という、まったくの自論ですが。(笑)
      対して西洋の方々は、鼻筋がぴしっと通ってますが、いわゆる美人といわれる人たちにも、鼻が大きい人も多いんですよね。私にはそういったところが、魅力的に見えます。
      全身像、大変だなぁ。がんばります!

  • 全身像の話は、単なるネタとしての振りなので気にしないで下さい(汗)

    私はクリスタル様のサイトをRSSリーダーに登録していますので、例え忙しくて何日か空いたとしても確実に更新記事を読んでいますよ(笑)もしよろしければ以下の私の記事をご覧下さい。RSSリーダーの利便性と使い方について簡単に記事にしています。私はこれでZbrush関連の記事をずいぶん効率よく集めることが出来るようになりました。また、お気に入りのサイトの更新を見逃すこともなくなりました。
    https://yamato-tsukasa.hatenablog.jp/entry/2018/12/14/104452
    紹介しているInoreaderは無料のwebサービスなので興味がおありでしたらお試し下さい。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください