ZBrushCoreの使い方 同じストロークを繰り返す

直前に行ったブラシストロークを、もう一度繰り返す方法を解説します。まず適当なサブツールに、ブラシでストロークを行います。ストロークが終わった後は、ビューポートの視点を変更してはいけません。(図1)

図 1:CUBEに横ラインをストロークしたところ

ストローク >> モディファイア >> 最終リプレイをクリックするか、ショートカットキーの1(数字の1)を押すと、元のストロークの上に、ストロークが重ねて繰り返されます。ラインが高くなったのが確認できます。(図2)

図 2:最終リプレイでストロークを繰り返したところ

ストローク >> モディファイア >> 最終相対リプレイをクリックするか、ショートカットキーのShift + 1を押すと、現在のマウスカーソルの位置でストロークを繰り返すことができます。(図3)

図 3:最終相対リプレイでストロークを繰り返したところ

しかし、別の位置にストロークを繰り返すには、元のストロークした面と、ストロークを繰り返す面が同じ向きでないと綺麗にできません。図4は、向きが違う面に最終相対リプレイを行った図です。

図 4:面の向きが違うと、綺麗にストロークを繰り返せない

また、ビューポートの視点を変更してしまっても、綺麗にストロークを繰り返すことができませんので注意して下さい。図5では、ストロークの長さと向きが明らかに違いますし、また、ストロークの山が逆に凹んでしまっています。

図 5:視点を動かすと、綺麗にストロークを繰り返せない

ZBrush100文字レシピ 直線にストロークする

2019年3月30日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください