製作記 ショートボブ(Blenderのヘアパーティクル)

このところ髪の毛作りの練習をしておりました。おじさんの髪の毛ではないですよ。3DCGの話しです。3DCGの髪の毛は、制作手法がいろいろあって、何が一番いいんだろうという疑問からはじまり、ひとつひとつ試しておりました。板ポリにテクスチャーを貼る方法や、ヘルメット状にスカルプトする方法、板ポリにボリュームを持たせる方法、ZBrushのFiberMesh、Blenderのヘアパーティクルなどなど。はじめは、ZBrushのFiberMeshが簡単そうだと思いましたが、グルーミングのコントロールが難しくて、ひとまず一旦退却しました。現在は、Blenderのヘアパーティクルに挑戦しているわけですが、こちらの方が髪の毛のコントロールがやりやすいと感じます。

図 1:Blenderのヘアパーティクルで髪の毛の作成

とは言え、Blenderのヘアパーティクルでも、コントロールで悩んでいるところがあります。妙にちぢれてしまう部分が出たり、カーブが滑らかにならなくて針金のようになる部分があったり、なんでかなー?とまだ奮闘中です。

図 2:反対側から。モデルはZBrushでスカルプトしました。

髪の毛の植え込みは、一度に頭全体にどばーっと毛を生やしてグルーミングするとかいう、雑かつ簡単なものではなく、ひと束ひと束ずつ植えてはグルーミング、そしてバランスチェックという、とても繊細で地道な作業が続きました。実は毛を植え込んでいないところもあって、ごまかしもあります。風が吹いたら大変ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください