ZBrush逆引き辞典 マスクに沿ったスジ彫りを入れる

ZBrushでスジ彫りをする方法はいくつもあると思いますが、その内のひとつの方法をご紹介します。ちょっと面倒くさいと感じるかもしれませんが、いろいろと応用がきく方法なので、覚えておいて損はないと思います。例として、図1のように、シリンダーにマスクで描いたハートマークの周辺に、スジ彫りを入れていきます。今回使用する主な機能は、以下のようになります。

  • マスクグループ化
  • ウェイト付きスムーズモード
  • Zリメッシャー
  • Zモデラー
  • 膨張

図 1:マスクでハートマークを描く

まず、ポリグループ >> マスクグループ化とマスク解除で、マスク部分を別のポリグループにします。(図2)

図 2:マスクグループ化で新たにポリグループを設定

このままだとポリグループの境界がぎざぎざしているので滑らかにします。それには、ブラシ >> スムーズブラシ設定 >> ウェイト付きスムーズモードを、6のグループ境界モードにセットします。(図3) なお設定する時は、Shiftキーを押したままにしてSmoothブラシを選択した状態にしておくのを忘れないようにして下さい。

図 3:スムーズブラシ設定

Smoothブラシの設定を変更したら、ハートマークのポリグループの境界を、Smoothブラシでなぞると、グループ境界のエッジが滑らかに変形します。(図4、5)

図 4:Smoothをかけてポリグループ境界を滑らかにする

図 5:すべてSmoothをかけたところ

次に、ジオメトリ >> Zリメッシャー >> グループ保持をONにします。そして、目標ポリゴン数に適度な数値を入れ、Zリメッシャーを実行します。(図6) グループを保持することで、グループ境界を意識したリトポロジーが行なえます。

図 6:グループ境界に沿ったリトポロジーをする

ブラシをZモデラーにして、EDGE ACTIONS >> ベベル >> 完全エッジループ >> 2列 >> リニアエッジを選択して、ポリグループ境界のエッジに、ベベルを入れます。(図7、8)

図 7:エッジのベベルアクションを選択

図 8:ポリグループ境界のエッジにベベルを入れる

次に、EDGE ACTIONS >> トランスポーズ >> 完全エッジループを選択して、先程入れたベベルの真ん中のエッジをクリックしてエッジを選択します。(図9)

図 9:スジ彫りにしたいエッジを選択

その後、Qキーを押してドローモードに戻りますが、トランスポーズのマスクはかかったままなので、ベベルの真ん中のエッジだけが選択された状態になっているはずです。(図10)

図 10:スジ彫りしたいエッジが選択できた

最後に、変形 >> 膨張のスライダをマイナス方向へ移動させ、エッジを凹ませれば完成です。(図11) なお、図11はダイナミックサブディビジョンをONにして表示しています。

図 11:膨張で凹ませた後、ダイナミックサブディビジョンをかけたところ

以上です。如何でしたでしょうか? ちょっと面倒くさいと感じるかもしれませんが、なれるとサクサクとできてしまいます。Zモデラーのトランスポーズはエッジの選択に重宝するので、覚えておいて損はないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください