ZBrush逆引き辞典 ポリペイント用のカラーパレットを保存する

ZBrush 2018.1では、標準機能ではユーザーがカラーパレットを作成して保存することはできません。一応、システムカラーにアクセスする機能はありましたが、あまり使い勝手が良いものではありませんでした。幸いにも最近、ZColorというPixologic公式のプラグインが公開されました。ZColorを使えばカラーパレットの作成&保存ができるようになります。以下のサイトからダウンロードが可能です。

インストール方法は、ダウンロードしたファイルを展開するとReadmeファイルが見つかると思いますので、そちらをご覧ください。

使い方

ZColorをインストールすると、ZプラグインメニューにZColorパレットが現れますので、その中のZColorボタンをクリックすると、フローティングウィンドウが表示されます。(図1)

図 1:ZColorのウィンドウ

図2をご覧ください。ZColorウィンドウのそれぞれの項目を以下に解説します。

図 2:ZColorウィンドウの内容

ファイルメニュー

パレットの保存&読み込みができます。

選択色

カラースライダーやカラーホイールで調整した色が表示されます。左クリック+ドラッグで、マウスカーソルの下の色をスポイトできます。右クリックで選択色をカラーパレットへ格納できます。

ZBrushのメインカラーへセットボタン

選択色をZBrushのメインカラーへセットします。

カラーパレット(カラースウォッチ)

左クリックでパレットから色を選択できます。右クリックでパレットから色を削除します。左ダブルクリックで、色の名前を変更できます。左ドラッグでパレットの順番を入れ替えられます。

選択色の関連カラー

選択色のグラデーションや補色など関連色がリストアップされます。ここの色を直接クリックしても選択することはできません。右クリックすると横一列の5色をカラーパレットに格納できます。カラーパレットから選択して下さい。

ZColorウィンドウの解説は以上です。おじさんは実際にZColorを使ってみてますが、色の選択にかなり重宝しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください