ZBrush ZModeler質問箱 このメッシュには同一頂点を複数参照している面があります

ZModelerでしばらく作業をして、いざダイナミックサブティビジョンをONにしてみると、「このメッシュには(数)同一頂点を複数参照している面があります」というエラーが出て、ダイナミックサブディビジョンがかけられない事がありました。

図 1:ZModelerを使用していると、時々お目にかかるエラー

最初のうちは何故こんな事が起きてしまうのか、皆目検討がつきませんでしたが、最近、ひとつのパターンを発見しました。例えば、図2のような三角形の穴があり、その穴を塞ぎたいとします。

図 2:三角形のの穴をポリゴンで塞ぎたい

ここで使えるアクションとしては、EDGE ACTIONS >> ブリッジ >> エッジと、EDGE ACTIONS >> 閉じる >> 凹面の穴の二つがあります。しかし、ブリッジを使うと、冒頭のエラーのように不正なデータを生成してしまいます。試しにEDGE ACTIONS >> ブリッジ >> エッジを使って、穴の内の2つのエッジを選択すると、図3のようにきれいに穴が塞がりました。(ように見えます)

図 3:一見正しく穴が塞がっているように見える

しかし、ここでダイナミックサブディビジョンをONにすると、冒頭のエラーが出て、ダイナミックサブディビジョンをかけることができません。ブリッジは四角の穴を塞ぐ時には正しく使えますが、三角の穴の場合は、無理やり四角ポリゴンを当てはめているに過ぎないようです。三角の穴を塞ぐ場合は、EDGE ACTIONS >> 閉じる >> 凹面の穴を使用するようにしましょう。ちなみに、エラーが出た時に、どのポリゴンに問題があるのか探すのは大変です。その場合、ジオメトリ >> メッシュ状況確認 >> メッシュ修正を実行すると、不正なポリゴンを削除してくれます。(図4)

図 4:メッシュ修正ボタンで不正ポリゴンを削除

では、四角の穴をEDGE ACTIONS >> 閉じる >> 凹面の穴で塞ぐとどうなるのでしょうか? 答えは三角ポリゴンが2つできるです。(図5)

図 5:四角の穴を閉じるで塞いだ場合

問題の背景に、ZModelerのアクションが、エラーデータを生成することにリミッターをかけずにコマンドを実行してしまうことが挙げられますが、どこかにそのあたりの設定があるのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください