BlenderのABC 放射マテリアルと裏面の非表示

Blenderでは、3Dオブジェクトに放射マテリアルを設定して発光させ、通常のランプの代わりに光源として使用することができます。今回は、その放射マテリアルの設定のしかたを主に解説します。また、ビデオ解説には、以下の内容も含んでいます。

  • Cyclesレンダー
  • 透過シェーダー
  • マテリアルノードでポリゴンの裏面の判定(背面OFF)
  • 3Dビューで特定のオブジェクトだけワイヤーフレーム表示にする方法

 

ビデオ解説の中で登場した、放射マテリアルのノードが以下になります。ミックスシェーダーの係数に、ジオメトリの「後ろ向きの面」パラメータを入力することで、表面と背面のシェーダーを分けることができます。

プロパティパネル >> オブジェクト >> Cycles設定から、放射マテリアルを設定したオブジェクトの細かい描画設定を行うことができます。例えば、カメラのチェックを外せば、オブジェクトの実体のみ描画しなくなります。詳しくはビデオ解説をご覧ください。

Blender入門者に向けたBlender Cyclesレンダーガイド プリンシプルBSDFシェーダーのマテリアル設定

2018年9月5日

ZBrushCoreで作ったモデルをBlenderで美しくレンダリング 〜Blender入門者に向けたBlender Cyclesレンダーガイド〜

2018年8月21日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください