ZBrushCoreで作ったモデルをBlenderで美しくレンダリング 〜Blender入門者に向けたBlender Cyclesレンダーガイド〜

ZBrush(Core)で作ったモデルたちを、眠らせたままにしていませんか? それはものすごーく、もったいないです。もっといろんなシーンで、ライティングを凝って、魅力的な作品に仕上げてあげるべきです。無料の3DCGソフトウェアであるBlenderを使えば、それが可能になります。ただ、Blenderはとても巨大な迷宮(ソフトウェア)なので、学ぶポイントを絞らないと、どこから手をつけたら良いのかわからず、途方に暮れてしまいます。

この度、BOOTHにて「ZBrushCoreで作ったモデルをBlenderで美しくレンダリング 〜Blender入門者に向けたBlender Cyclesレンダーガイド〜」というビデオ講座のダウンロード販売を開始いたしました。Blender入門者に向けて、Cyclesレンダーの使用方法を解説したビデオ講座です。ビデオ講座は全部で約220分、容量1Gバイト以上のボリュームです。Blenderの基本的な操作方法から始まって、ノードエディターでマテリアルを作成する方法、カメラの設定、レンダリングの方法などを学べます。

マテリアル作成では、Blender ver.2.79から搭載されたPrincipled BSDFを使用します。 タイトルにZBrushCoreと謳っていますが、モデルデータが商品に付属しておりますので、ZBrushCore本体を持っていなくても、講座を進めることが可能です。

この講座をスタートポイントとして、さらに詳しくBlenderを学んで頂けたら幸いです。

3DCGおじさんクリスタル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください