製作記 かたつむりの冒険家

最近、めっきりカタツムリを見かけることが少なくなりました。街からはどんどん姿を消しているようです。昨年、庭の花壇に一匹いるのを見つけましたが、あれもいつの間にか居なくなり、どこへ行ってしまったんでしょうか? この間、近所の女の子が「で〜んでんむ〜しむしか〜たつむり〜」と、うろ覚えの歌詞で唄っている声が聞こえてきて、とても可愛らしかったです。

作品は、砂漠化してしまった街から脱出するカタツムリの冒険家をイメージしました。下は、ZBrushCoreでペイント&レンダリングした画像です。かたつむりの殻や身体、衣類などはZBrushCoreでモデリングしました。殻はZSphereから起しましたが、くるくると綺麗に巻く構造を考える作業はチャレンジでしたが、とても面白かったです。カゴ、ドラム缶、ドラム缶を固定するワイヤはBlenderでモデリングしました。そうそう、カゴの中に入っているのは寝袋なのですが、よく考えたら、眠る時は殻の中に入って寝る仕様でした。

ミニオンズではありません

ズボンは意外と大変でした。ZBrushCoreで、きっちりとした直線ラインを出すには、なかなか時間がかかります。殻の上に付いているのはヘッドライトです。ヘッドライトのアームも何パターンか作り直して苦労した点です。妻にはじめてこのカタツムリを見せた時には、「ミニオンズでしょ!?」と疑われました。

シッポの感じが、おじさんのお気に入り

下は、Blenderでペイント&レンダリングしたものです。小物もいくつか作って配置しました。殻のマテリアルの作成は試行錯誤しましたが、最後にはなかなか良い感じに作れたと思います。BlenderのCyclesレンダーは、カメラのF値を使って遠景などをボケさせるのですが、通常のレンズにある2.8とか1.4などのF値だと、バケツとシャベルがボケてくれなかったので、かなり強烈なF値を設定して無理やりボケさせてます。あまりやりすぎると嘘っぽくなるので避けたかったのですが、この点は妥協しました。

製作記 ZBrushCoreで墓場鬼太郎をスカルプト

2018年7月11日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください