嬉しい無料アップデートZBrushCore 2018&新価格発表

ZBrushCoreの新バージョン、ZBrushCore 2018がリリースされました。嬉しいことに、全てのZBrushCoreユーザーが無料アップデートの対象のようです。おじさんもさっそくアップデートしてもらいました。アプリのアクティベーションの方法が簡単になって良いですね。追加された主要機能を以下に引用しました。

  • VDMブラシ(ベクターディスプレイスメントメッシュブラシ)
  • ギズモ3Dデフォーマとプリミティブ
  • 3Dテキストと形状作成プラグイン
  • デシメーションマスタープラグインとプリセット
  • 3Dプリントハブプラグイン
  • エクスポートメニュー追加とエクスポート数値設定項目
  • メッシュポジションスライダー
  • メッシュサイズスライダー
  • 韓国語の言語をサポート
  • OBJのインポートがカラーに対応
  • Smooth Groupブラシの追加(ライトボックス内のブラシタブに配置されています)
  • ダイナメッシュの投影システムをアップデート
  • STLおよびVRMLエクスポートの際のポリゴン数の制限を解除
  • ZBrush 2018のアクティベーションシステムへの変更、デュアルプラットフォームライセンスへの移行

まだ、全ての機能をチェックしてないのですが、ギズモ3Dで複数のサブツールをまとめて移動させることができるようになったのは、おじさんすごく嬉しいです。まだ、使い方が分かってないですが、VDMブラシという、なんだか便利そうなブラシにも期待してます。そして、2018年8月1日からZBrushCoreの価格が$149.95から$179.95へ値上げされると発表されています。購入を検討中の方は、ご注意下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください