ZBrushCoreの基礎 其の4 ツールとサブツールの関係

初めてZBrushCoreを使って、おじさんが分かりづらいなぁと思ったのが、「ツール」と「サブツール」でした。ようするに、ツールとは、編集する3Dモデルのことで、サブツールとは、その3Dモデルを構成する部品のことでした。

  • サブツールは部品
  • ツール(3Dモデル)はサブツール(部品)の集まったもの

図1の黄色く囲ったツールパレットには、現在編集中のツールや、サブツールパレット、その他いろいろなパレットが表示されます。

図 1:ツールパレット

図2の黄色い枠で示したところに、現在編集中の3Dモデルが表示されます。ここにカーソルを合わせると、「現在のツール」の情報として、ポリゴン数などを確認することができます。更に、黄色く囲ったエリアの右上に小さく「2」と表示されていますが、これはこの3Dモデルが、2つのサブツールで構成されていることを表しています

図 2

実際にこのDemoHeadモデルを使って、サブツールパレットを確認してみることにします。ツールパレットの「サブツール」と表記されているところをクリックすると、サブツールパレットが展開されます。(下動画参照)

サブツールの切り替え

サブツールパレットの中に、DemoHeadとeyesという2つのサブツールが入っていました。(図3) 名前のバックカラーが濃く表示されている方が、現在編集中のサブツールになります。それぞれのサブツールをクリックすると、編集するサブツールを切り替えることができます。編集中以外のサブツールにはスカルプトできないようになっています。

図 3

図3 右端の目玉アイコンは、サブツールの表示ON / OFFを操作します。試しにサブツールeyesを選択した後、DemoHeadの目玉アイコンをクリックしてOFFにすると図4のようになりました。編集中のサブツールが、他のサブツールに隠れて見えない時などに便利です。

図 4:目玉と歯だけになった!

なお、今回は2つのサブツールだけなので、目玉アイコンで表示のON / OFFをするのは、さほど手間ではありませんが、沢山のサブツールがあると一つずつ目玉アイコンをクリックしていくのは大変です。そんな時は、ソロボタンの使用をお薦めします。(図5) ソロボタンを押すと、編集中のサブツール以外はすべて非表示にしてくれます。

図 5:ソロボタン

ツールの切り替え

1つのプロジェクト内には、複数のツール(3Dモデル)を持つことができます。ツールの切り替えは、ツールパレットに表示されている編集中以外のツールを選択します。(図6)

図 6

更に、ここに表示されているものは一部だけで、隠されているものもあります。ツールパレットの現在編集中のツールをクリックして、表示されるメニューから切り替える3Dモデルを選択できます。(図7)

図 7

ツール、サブツールについては、以下の関連記事もご用意しました。

ZBrushCoreの使い方 ツールの複製

2018年6月26日

ZBrushCoreの使い方 3Dモデルを他のプロジェクトへコピーする方法

2018年6月26日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください