ZBurshCoreの使い方 シーンの回転・移動・ズームの操作

シーンの回転、移動、ズーム操作の方法を動画で解説します。操作方法は三通り!あります。

3Dナビゲーションボタンをドラッグする方法

 画面右の3Dナビゲーションボタンを操作する方法です。

背景を左ドラッグ(ZBrushクラシックナビゲーション)

シーンの何もないところをドラッグする方法ですが、3Dモデルを極端にズームしている時は、シーンの何もないところをドラッグするのは難しいです。その場合は、ナビゲーションゾーンを利用します。(図1) 3Dビューの内側の枠線から外がナビゲーションゾーンと呼ばれるところで、そこでは3Dモデルがあっても、左ドラッグでシーンの回転・移動・ズーム操作をすることができます。しかし、Altを押しながらドラッグしてからAltを離すって操作は、おじさんにはちょっと…。

図 1:3Dビューの内側の枠線から外がナビゲーションゾーン

右クリックナビゲーション

こちらの操作がおじさんとしては本命かもしれないですね。ブラシカーソルがモデルの上でも操作を行うことができます。ただ、マウスなら右クリックでも問題はないのですが、ペンタブレットだとペンのボタンを押さなければならないので、タブレットの初期設定ではやりづらいかもしれません。おじさんは、WacomのIntuosの設定で、以下の図2ように右ボタンを入れ替えて使ってます。また、タブレットで操作する場合は、ペンをタブレットから浮かせてやるのが良いと思います。

図 2:ワコムタブレットのプロパティ画面

90度スナップ回転

スカルプト中に3Dモデルを正面、側面から確認したい時がありますが、そのような時はシーンの回転操作中にShiftキーを押すと、カクッと90度単位で回転してくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください